小学生の指導

小学1年生から、楽しく、ご家庭での学習もサポート!

稲毛駅前校のみ、小学1.2.3年生の教室をオープンいたしました。併設のBenesseこども英語教室、日本習字SAKURA教室オープンから1年、たくさんのこどもたちが、楽しく通ってくれています。特に幼児から小学校低学年のおうちの方からも、低学年教室開校のご要望を多数いただきました。

しかしながら、低学年の学びは、以下の3つの点をしっかりクリアしていかなければなりません。

①とにかく楽しいこと。「わかりやすさ」は当たり前として、「のめりこめるほどの楽しさ」を追求したい。最初の勉強を嫌いにならないでほしい。

②この先の学びに生かせるか。計算や漢字など一定分野の学習を継続的に行うことは、とても大切です。しかし、一分野の練習や訓練に寄るのではなく、例えば、教科書だけではわかりづらい「たしざん」や「かたち」の今後の学びにつながる概念を本質的に身につけていくことができる指導、学習教材にこだわりたい。

③学習習慣を身につけられるか。短い通塾時間だけではなく、ご家庭での毎日楽しく学んでもらえ、そこにプロのディレクターとして、アドバイザーとして、コーチや先生としての役割を活かしていきたい。

 

小学校の学習は、内容、姿勢、習慣がとても大切です。

そこで、ネクストレベルでは、高校生の学研プライムゼミの弟的な教材、タブレットでもご家庭で学習できる「学研ゼミ」を、ご家庭で受講していただき、さらに教室で塾用教材を用いて、日ごろの学習の確認、新単元の導入、学校の宿題指導などを超少人数で行います。初めての勉強を「意志ある学習」にするために、ネクストレベルの小学生の指導をぜひご検討ください。





小学4年生から、受験or公立中共通カリキュラムをご用意。

稲毛駅前校・千葉北校で開講中のカリキュラムとなります。

中学受験も、公立中進学も。ネクストレベルの小学生。

完全個別対応で、今だからできることを。
確実な理解+くりかえし学習で知識を確実に。学習習慣を身につける指導です。
ネクストレベルが、完全個別対応の映像授業を主体とした指導にこだわるには、理由があります。
 多くの塾を見てきましたが、ガヤガヤしていたり、科目や指導分野が(例えば「計算ばかり」のように)限定されていたり、本質よりも暗記法やテクニカルな解法にこだわりすぎていたり、教室の片隅で理解できない子がいてもどんどん進んでしまったり。また指導要領や受験のための知識がない集団塾や、講師が力量次第で、コロコロ変わってしまう個別指導では、安定した知識の理解は望めません。
 ネクストレベルでは、まずは、教科書をはじめ目標に向けて必要な学習内容を、確実に理解することをもっとも大切にしています。丁寧で、目標に即したわかりやすい映像授業を、おのおののペースで受講することにより、単元ごとにしっかりと理解を積み重ねていきます。そして、「学び」そのものへの意欲をもたせ、達成感を育てます。

さらに、単元導入は少人数授業形式、わからないところは個別質問対応といった、完全個別カリキュラムでの指導の融合を実現。しかし、それによって高価になるといったこともありません。


 多感で遊びたい盛りの子供たちに、しっかりした目標意識を持たせ、理解の定着、応用に必要な、学習習慣をしっかり身につける指導を、全力で行っていきます。

受検をお考えの方は、稲毛駅前校での受講となります。各ご案内ページをご覧ください。



小学校での学習内容のポイントを理解し、 その先の学習の基礎となる部分や、学習習慣をしっかり身につけていきます。その内容が中学校へ進学した後も役立ち、余裕をもって勉強に臨めるようにしっかり導きます。


 

このカリキュラム表を、それぞれの目標に応じて進めていきます。受験をお考えの場合も、小学4年生までは、もちろん、起訴内容は先取りして進めていきますjが、決して難問を扱うのではなく、これらの基礎を確実に定着することを目標にしています。


英語学習について

小学生の英語教育が変わります。

2018年度から、小学3年生から英語活動が必修化され、小5、小6は成績の付く「教科」へ。今後ますます英語のコミュニケーション力が重視される傾向が強まっています。つまり、将来必要な英語力はコミュニケーション力「聞く、やりとりする力、話す、読む、書く」5つの力をバランスよく育むことが重要になります。当教室では、この動きを踏まえ、英語教育を通常科目に含んでおります。

また、ネクストレベル稲毛駅前校の同フロアに、Benesseこども英語教室を併設しております。

 

合わせてご利用ください。